ポリマー原料の発酵生産を目指した油糧微生物の分子育種

阪本 鷹行
(徳島大学 大学院生物資源産業学研究部 助教)

2017年8月6日日曜日

科学体験フェスティバルに吹く嵐(キッズ)

8/5()8/6()の二日間にわたって開催されました、『科学体験フェスティバル in 徳島』にブース出展いたしました。
夏休みを謳歌するキッズの底なし元気に中てられました。
台風5号の接近を気にしながら、より勢力の強いキッズの嵐におじさんはもう疲れたよ(苦笑) もう若くないんだから(汗)

酸アルカリ指示薬で絵を描いてもらって、色が変わる様を見てもらうという実験でしたが、ワリと盛況で、喜んでもらえたようで良かったです(^^)

おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に来ているキッズも多かったですね。おばあちゃんの描く絵の味のある事! フェノールフタレインを使った花火などは、さながら市販の絵葉書みたいでした。・・・ベジ●タ様を描いていたお父さんも凄かったですね。アルカリ塗ったらスーパーサ●ヤ人に変わるという発想。お子様もなぜか得意気()

「ムラサキキャベツやブドウジュースでもpH試験薬代わりになりますよ・・・」と紹介すると、お母さま方の目の色が変わる!
夏休みの自由研究の糸口をつかもうと、保護者の方が必死でした()

小学生に説明するのって難しいですね。
小さな部屋を借りて、1回で20人程度の子供を対象にしていました。

ボランティア学生から、
「先生が、『先生』っぽい」
というお褒めの言葉もいただき、お陰様で順調に終わりました。・・・片付けの際に、ブルーシートと学生が1人、強風で飛ばされたこと以外はね(^^;)


ムラサキキャベツやブドウジュースで色が変わるのは、アントシアニンがpHによって変色するからです。・・・そういえば、キノコでアントシアニンとか聞きませんね。作らないのかな? アルカリをかけて色が変われば、ポリフェノールやアントシアニンを作るキノコかもしれないなぁ・・・化合物の同定が難しそうだけど・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿