ポリマー原料の発酵生産を目指した油糧微生物の分子育種

阪本 鷹行
(徳島大学 大学院生物資源産業学研究部 助教)

2016年10月31日月曜日

やさいい科学技術セミナーを終えて

遅ればせながら、先日(1024日)にやさしい科学技術セミナーを開催させていただきました。
地元高校生20名を招き、「もっと知りたいキノコという名の微生物」というタイトルで講演しましたが、ちょっと走った説明になったのが反省点です。

非常に緊張しております

セミナー開催に当たって、改めてキノコのことを調べ直しましたが・・・調べるのが面白すぎて、資料作りが進まない進まない()
「キノコがつくる薬と毒」というサブタイを付けましたが、ほとんど毒の話になってしまいました。・・・・・・毒の方がよく調べられているし、毒の話の方が高校生好きそうだし、個人的に興味深いし(^^;)

セミナーでも明言させていただきましたが、毒キノコが”毒キノコ”として認識されているのは、それに余りある犠牲者がいるからなのです。その方々、そして好奇心から毒キノコを試食された奇特な先人たちに敬意を表しつつ、セミナーの題材とさせていただきました。また、今日 毒キノコの毒成分として知られている化合物については、並々ならぬ研究の成果であって、発見者の方々には本当に頭が下がります。

セミナーの最後に冬虫夏草の実物を見てもらいましたが、やはり実物に触れている方が学生達もイキイキしていましたね。『百聞は一見に如かず』と申しますが、今回のセミナーに来てくれた学生たちには、今度は是非フィールドに出て、実物のキノコに触れてもらいたいものです。(カエンタケは触れてはいけませんよ)


・・・・・・さて置いて、聴講に来られた学生たちが、私の専門を 『キノコ毒』 と勘違いしていないかが心配です。
私、毒は扱っていませんので、悪しからずm(‐‐)m

最後に、それぞれ名前は伏せさせていただきますが、本セミナーに参加いただいた地元高校生の皆様および教頭先生、また開催するにあたってご尽力いただいた国際科学技術財団、徳島大学のスタッフの皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿